B型肝炎ワクチン

更新日:2022年04月25日

平成28年10月から定期接種となりました。B型肝炎ウイルスによる急性肝炎や、将来の肝硬変、肝がんを予防するためのワクチンです。

予防接種の概要
対象者 出生後から生後12か月(1歳)に至るまでの方 (注釈)母子感染予防のため抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎の接種を受けた方は、定期接種の対象外となります。
接種回数 3回
(注釈)接種間隔等詳しくはつぎの表をご覧ください。
標準的な接種時期 標準的な接種開始時期は、生後2か月に達した時から生後8か月に至るまでの期間です。
接種方法 事前に協力医療機関に予約のうえ接種してください。
料金 無料
接種当日に持参するもの
  • 予診票
  • 母子健康手帳
注意事項 転出された場合は小野市の予防接種を受けることはできません。(転出日も接種不可)転出先の市区町村へご相談ください。
黄色い服を着た赤ちゃんのイラスト

接種時期と接種回数

接種時期と接種回数の一覧
初回接種の月齢・年齢(接種を開始する月齢) 接種回数 接種スケジュール
出生後から生後12か月(1歳)に至るまで 3回

1回目から27日以上の間隔をあけて2回目を接種。

1回目から140日以上経過し、かつ2回目から6日以上の間隔をあけて3回目を接種。

(注釈)これまでに任意で接種された方は、その回数も考慮して接種してください。

B型肝炎 予防接種協力医療機関

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 健康増進課
〒675-1380 兵庫県小野市中島町531番地
電話番号:0794-63-3977
ファックス:0794-63-1425

メールフォームによるお問い合わせ