太陽光発電施設の防災上の措置に関する総点検の実施について

更新日:2022年06月23日

令和3年7月3日に発生した静岡県熱海市伊豆山地区の土石流災害を受け、兵庫県と連携し市内の太陽光発電施設において防災上の措置に関する総点検を実施しています。

総点検の概要について

点検対象

再生可能エネルギー発電事業計画の認定を受け、兵庫県太陽光発電施設等と地域環境との調和に関する条例(以下「条例」という。)において届出対象として定める、事業区域面積が5,000平方メートル以上の太陽光発電施設

(条例施行前の施設を含む。ただし、基準への適合義務を有しない。)

点検方法

施設の事業者が、条例に基づく防災上の措置に関する基準への適合状況等について自己点検を行い、基準に不適合の場合の安全対策等を含めて、県・市へ報告

総点検の実施状況について

防災上の措置に関する基準への適合状況等

各施設における自己点検の結果について、兵庫県により取りまとめられましたので、その結果を公表します。

対象の52施設のうち、42施設が回答済み(令和4年6月16日現在)であり、

「県条例基準に適合し問題なし」が40施設、「県条例基準への適合状況が不明」が2施設となっています。

市では今後、未報告者に対する督促及び「県条例基準への適合状況が不明」の施設に対する追加調査を行います。

※掲載した自己点検票のうち欠番となっているものは、現時点で未報告のものです。

 

兵庫県全体の総点検実施状況については、兵庫県Webサイト「太陽光発電施設等と地域環境との調和に関する条例について」(外部リンク)を参照してください。

この記事に関するお問い合わせ先

地域振興部 まちづくり課 都市整備係
〒675-1380 兵庫県小野市中島町531番地
電話番号:0794-63-1884
ファックス:0794-63-2614

メールフォームによるお問い合わせ