かわまちづくり

更新日:2022年03月25日

新大河橋付近に加古川を活用したにぎわいづくりを計画しています。

かわまちづくりとは

「かわまちづくり」とは、地域が持つ「資源」や地域の創意に富んだ「知恵」を活かし、地域活性化や観光振興などを目的に、市町村や民間事業者、地域住民等と河川管理者が各々の取組みを連携することにより「河川空間」と「まち空間」が融合した良好な空間を形成し、河川空間を活かして地域の賑わい創出を目指す取組です。

詳しくは国土交通省ホームページ(外部リンク) をご覧ください。

大部・河合地区かわまちづくり

姫路河川国道事務所とともに、西日本最大級の桜づつみ回廊がある大部地区を拠点として、「かわ(加古川)」と「まち」が一体となった良好な水辺空間の整備を行う「大部・河合地区かわまちづくり」の検討を進めています。

協議会の設立および実行委員会の設置

国や市、地元、民間企業等で構成された「大部・河合地区かわまちづくり協議会」を設立、その中に「実行委員会」を設置し、計画の方向性や、ソフト施策・ハード施策の内容についての協議を重ねています。

基本方針

川の怖さや対応について学びつつ、昔気軽に川と親しみ、身近に感じられていた時代(昭和30年から40年代)への回帰をイメージしながら、川の多様な景観や憩いの場、自然や歴史の学びの場としてかわがまちとつながる場をみんなで作っていきます。

拠点場所

整備後イメージ案

あくまで現時点でのイメージ案であり、今後の協議会や実行委員会での協議により変更となる可能性があります。

加古川付近に各種運動施設が建設されている整備後イメージのイラスト

この記事に関するお問い合わせ先

地域振興部 道路河川課
〒675-1380 兵庫県小野市中島町531番地
電話番号:0794-63-1008
ファックス:0794-63-2614

メールフォームによるお問い合わせ