○小野市臨時職員の身分取扱い等に関する条例施行規則

平成23年3月31日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、小野市臨時職員の身分取扱い等に関する条例(平成22年小野市条例第29号。以下「条例」という。)に基づき、臨時職員の任用、賃金及び勤務時間等の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(任用手続)

第2条 条例第5条の規則で定める事項は、次のとおりとする。

(1) (部に準ずるものを含む。以下「部等」という。)の長(以下「所属長」という。)は、所属する部等において、臨時職員の任用を必要とするときは、臨時職員任用要求書を市長及び任命権者に提出し、承認を受けなければならない。

(2) 任命権者は、臨時職員の任用を決定したときは、任用する者に臨時職員任用通知書を交付し、任用するものとする。

(3) 任命権者は、臨時職員を任用するときは、次の書類を提出させるものとする。

 履歴書又は履歴書に代わるもの

 免許その他資格を要する場合においては、それらを証する書類

(平成25規則15・一部改正)

(任用期間の更新)

第3条 任命権者は、条例第6条の規定により任用期間の更新を決定したときは、更新する者に臨時職員任用通知書を交付し、更新するものとする。

(平成25規則15・全改)

(勤務時間等)

第4条 条例第7条に規定するもののほか、臨時職員の勤務時間、休憩時間、休日等については、職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成9年小野市規則第2号。以下「勤務時間規則」という。)第2条から第8条までの規定を準用する。

(平成25規則15・一部改正)

(有給休暇)

第5条 条例第9条第2項の規則で定める有給休暇の単位は、勤務時間規則第11条及び第16条の規定を準用する。

2 条例第4条第1号の規定により、臨時職員の任用期間を6月以内の期間で更新する場合は、当該更新前の任用期間における有給休暇の残日数を繰り越すことができる。

(特別休暇)

第6条 条例第10条第2項の規則で定める特別休暇の単位については、勤務時間規則第13条(第1項を除く。)及び第16条の規定を準用する。

(休暇の請求及び承認等)

第7条 休暇の請求及び承認については、職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成9年小野市条例第2号)第17条の規定を準用する。

2 前項に規定するもののほか、休暇の請求及び承認については、勤務時間規則第18条第20条及び第22条の規定を準用する。

(平成25規則15・一部改正)

(通勤手当の減額)

第8条 条例第16条ただし書の規則で定める場合は、1月の勤務回数が10回に満たない場合とし、同条ただし書の規則で定める割合は、100分の50とする。

(平成25規則15・追加)

(賃金の支給等)

第8条の2 条例及びこの規則に規定するもののほか、臨時職員の賃金の支給等については、一般職の職員について適用される規定の例による。

(平成25規則15・旧第8条繰下・一部改正)

(保険等への加入)

第9条 第1種臨時職員は、雇用保険法(昭和49年法律第116号)、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)、健康保険法(大正11年法律第70号)及び労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)の規定に基づき被保険者となることができる。

2 雇用保険法第6条の規定により同法が適用されない者以外の第2種臨時職員は、同法の規定に基づき被保険者となることができる。

(災害補償)

第10条 臨時職員の公務上の災害に対する補償については労働者災害補償保険法等を優先し、該当しないものについては、議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(昭和42年小野市条例第29号)及び議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例施行規則(昭和43年小野市規則第18号)の規定を適用するものとする。

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成23年4月1日から施行する。

(小野市臨時職員の身分取扱いに関する規則の廃止)

2 小野市臨時職員の身分取扱いに関する規則(昭和59年小野市規則第9号)は、廃止する。

附 則(平成25年9月30日規則第15号)

この規則は、平成25年10月1日から施行する。

小野市臨時職員の身分取扱い等に関する条例施行規則

平成23年3月31日 規則第11号

(平成25年10月1日施行)