○小野市匠台公園体育館の設置及び管理に関する条例

平成11年3月30日

条例第3号

(設置)

第1条 市民の健康の増進と体育・スポーツの振興を通じ、心身の健全な発達を図り、体育文化の向上と市民福祉の増進に資するため、小野市匠台公園体育館(以下「匠台体育館」という。)を設置する。

(位置)

第2条 匠台体育館の位置は、小野市匠台77番地とする。

(事業)

第3条 市長は、その目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。

(1) 体育・スポーツの練習又は競技のために施設を利用させること。

(2) 体育・スポーツに関する講習会、研修会等を開催し、及びこれらのため、施設を利用させること。

(3) 体育・スポーツに関する講座、教室等を開催し、及びこれらのため、施設を利用させること。

(4) 前各号のほか、市長が必要と認める事業のために施設を利用させること。

(職員)

第4条 匠台体育館に事務職員その他必要な職員を置く。

(開館時間)

第5条 匠台体育館の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)の開館時間は、午前8時から午後10時までとする。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の開館時間を変更することができる。

(平成18条例15・追加)

(休館日)

第6条 匠台体育館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎月第4火曜日。ただし、その日が休日に当たるときは、その翌日以後の日のうち休日に当たらない最初の日とする。

(2) 1月1日及び12月31日

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の休館日以外の日において臨時に休館し、又は同項の休館日において臨時に開館することができる。

(平成18条例15・追加)

(使用許可)

第7条 匠台体育館を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、市長の許可を受けなければならない。許可された事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 市長は、匠台体育館の管理上必要があると認めるときは、前項の許可に際し、使用の制限その他必要な条件を付すことができる。

(平成18条例15・旧第5条繰下・一部改正)

(使用の不許可)

第8条 市長は、次の各号の一に該当すると認めるときは使用を許可しない。

(1) 公の秩序及び善良な風俗を乱し、又は公益を害するおそれがあるとき。

(2) 施設を損傷するおそれがあるとき。

(3) 匠台体育館の管理、運営上支障があると認めるとき。

(4) 前各号のほか、市長が不適当と認めるとき。

(平成18条例15・旧第6条繰下)

(使用者の遵守事項)

第9条 使用者は、次の事項を守らねばならない。

(1) 匠台体育館の使用の権利を他人に譲渡し、又は転貸しないこと。

(2) 収容人員は、使用部分に収容できる人員とすること。

(3) 許可を受けないで、物品等を販売しないこと。

(4) 所定の場所以外において喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(5) 許可を受けないで、壁、柱等に張り紙をし、又、釘類を打たないこと。

(6) 許可を受けた施設、設備以外の物を使用しないこと。

(7) 使用場所の整理、原状回復等を行う場合には、職員の指示に従うこと。

(8) 他の使用者に対して、迷惑となる行為をしないこと。

(9) 匠台体育館の管理、運営上支障を来すような行為をしないこと。

(10) その他匠台体育館の管理に関する指示に従うこと。

2 団体等における使用にあっては、使用者は、使用する施設内の秩序を維持するため必要な責任者を置かなければならない。

3 責任者は、当該使用に係る入館者に対し、第1項各号に掲げる事項を守らせなければならない。

(平成18条例15・追加)

(使用許可の取消し等)

第10条 市長は、使用者が次の各号の一に該当すると認めるときは、使用許可の条件を新たに付し、若しくはこれを変更し、使用を停止し、又は使用許可を取り消すことができる。

(1) この条例若しくはこれに基づく規則若しくは使用許可の条件に違反して使用したとき、又は使用しようとするとき。

(2) 職員の指示に従わないとき。

(3) 偽りその他不正の手段により使用許可を受けたとき。

(4) 前各号のほか、市長が管理上必要があると認めたとき。

(平成18条例15・旧第8条繰下)

(使用料)

第11条 使用者は、別表に定める使用料を、許可を受けたときに納付しなければならない。ただし、国又は地方公共団体等が使用する場合は、後納させることができる。

(平成18条例15・旧第9条繰下)

(使用料の減免)

第12条 市長は、公益上必要があると認めるときは、前条に定める使用料の減額又は免除をすることができる。

(平成18条例15・旧第10条繰下・一部改正)

(使用料の還付)

第13条 既納の使用料は還付しない。ただし、市長において特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(平成18条例15・旧第11条繰下)

(入館の制限)

第14条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) 泥酔者又は感染症にかかっている者

(2) 危険物その他危害を及ぼし、又は他人に迷惑になる物品若しくは動物を携行する者

(3) 公の秩序又は善良な風俗を乱し、又は乱すおそれがあると認める者

(4) その他管理上必要な指示に従わない者

(平成18条例15・追加)

(立入り等)

第15条 市長は、施設の管理上必要があると認めるときは、使用を許可した場所に立ち入り、関係者に質問をし、又は必要な指示をすることができる。

(平成18条例15・追加)

(特別の設備)

第16条 使用者が特別の設備をしようとするとき、又は原状を変更しようとするときは、あらかじめ市長の承認を受けなければならない。

(平成18条例15・旧第12条繰下)

(原状回復義務)

第17条 使用者は、施設の使用を終わったとき、又は第10条の規定により使用を停止され、若しくは使用許可を取り消されたときは、直ちに原状に回復しなければならない。

2 使用者は、使用中又は使用により生じた原因のため、施設を損傷し、又は滅失したときは、市長の定めるところによりこれを原状に復し、又はその損害を賠償しなければならない。

(平成18条例15・旧第13条繰下・一部改正)

(指定管理者による管理)

第18条 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、匠台体育館の管理に係る次に掲げる業務を法人その他の団体であって、市長が指定するものに行わせることができる。

(1) 匠台体育館の設置及び設備の維持管理に関すること。

(2) 匠台体育館の使用の許可に関すること。

(3) 匠台体育館の事業計画の策定及び実施に関すること。

(4) あらかじめ市長の承認を得て匠台体育館の開館時間及び休館日の変更を行うこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、匠台体育館の管理運営に関し、市長が必要と認めること。

(平成18条例15・追加)

(委任)

第19条 この条例の施行に関して必要な事項は、市長が別に定める。

(平成18条例15・旧第16条繰下)

附 則

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成11年規則第11号で平成11年4月1日から施行)

附 則(平成18年3月29日条例第15号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に改正前の小野市匠台公園体育館の設置及び管理に関する条例第15条の規定により管理の委託をしている小野市匠台公園体育館の管理については、地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号)附則第2条に規定する日(その日前に、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定に基づき指定管理者の指定をした場合には当該指定の日)までの間は、なお従前の例による。

3 改正後の別表の規定は、平成18年6月1日以後の小野市匠台公園体育館の使用に係る使用料について適用し、同日前の小野市匠台公園体育館の使用に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成21年3月30日条例第14号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の小野市屋外運動場の設置及び管理に関する条例第11条及び別表第1項の規定、第2条の規定による改正後の小野市総合体育館の設置及び管理に関する条例別表の規定並びに第3条の規定による改正後の小野市匠台公園体育館の設置及び管理に関する条例別表の規定は、平成21年6月1日以後の小野市屋外運動場、小野市総合体育館及び小野市匠台公園体育館(以下「小野市屋外運動場等」という。)の各施設の使用に係る使用料に適用し、同日前の小野市屋外運動場等の各施設の使用に係る使用料については、なお従前の例による。

別表(第11条関係)

(平成18条例15・全改、平成21条例14・一部改正)

小野市匠台公園体育館使用料表

1 専用使用料

区分

使用料

アリーナ

全面

1時間

2,000円

2分の1面

1時間

1,000円

4分の1面

1時間

500円

6分の1面

1時間

400円

軽運動室

1時間

500円

会議室

1時間

300円

(備考)

(1) 匠台体育館アリーナの冷暖房の使用料は、当該専用使用料区分にかかわらず1時間につき1,000円とする。

(2) 使用者が体育・スポーツ以外の目的で使用する場合は、当該専用使用料の1.5倍とする。冷暖房を使用する場合は、当該専用使用料に冷暖房使用料を加算した額の1.5倍とする。

(3) 使用者が営利を目的に使用する場合は、当該専用使用料の5倍とする。冷暖房を使用する場合は、当該専用使用料に冷暖房使用料を加算した額の5倍とする。

(4) 市民以外の者が使用する場合は、当該専用使用料の額の2倍とする。冷暖房を使用する場合は、当該専用使用料に冷暖房使用料を加算した額の2倍とする。

(5) 電気、上水道及び下水道等を多量に使用する場合は、その実費を徴収する。

2 個人使用料

(1) トレーニング室・ランニングデッキ

区分

使用料

トレーニング室

ランニングデッキ

一般(高校生以上)

1回2時間以内 250円

1ケ月 3,000円

回数利用券 2,500円(11回分)

1回2時間以内 100円

小・中学生

 

1回2時間以内 50円

3 附属設備使用料

区分

使用料

可動席(ロールバック)

1回1式につき 3,000円

仮設ステージ

1回1式につき 2,000円

放送設備

1回1式につき 1,000円

フロアーシート

1回1枚につき 100円

電光得点板

1回1台につき 1,000円

机、椅子類

1回1点につき 20円

(備考)

(1) 使用者が体育・スポーツ以外の目的で使用する場合は、当該附属設備使用料の1.5倍とする。

(2) 使用者が営利を目的に使用する場合は、当該附属設備使用料の5倍とする。

(3) 市民以外の者が使用する場合は、当該附属設備使用料の額の2倍とする。

小野市匠台公園体育館の設置及び管理に関する条例

平成11年3月30日 条例第3号

(平成21年3月30日施行)