○小野市奨学資金給与条例施行規則

平成12年3月23日

教委規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、小野市奨学資金給与条例(昭和37年小野市条例第9号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 条例第1条の奨学資金の給与の対象者は、条例第2条に規定する者で、原則として他の制度による同種の貸与又は給与(地域改善対策奨学資金を除く。)を受けていないものでなければならない。

(申請)

第3条 奨学資金の給与を受けようとする者の保護者は、在学する学校長を経て次の書類を教育委員会(以下「委員会」という。)に提出しなければならない。

(1) 小野市奨学生願書

(2) 奨学生推薦書

(3) 在学証明書

(4) 所得証明書

(奨学資金の決定)

第4条 委員会は、奨学資金の申込みを受けたときは、予算の範囲内において、給与の可否を決定し、前条の保護者に通知するものとする。

(奨学資金の額)

第5条 奨学資金の額は、奨学資金の給与を受ける者(以下「奨学生」という。)一人当たり月額8,000円以内とする。

(給与の期間)

第6条 奨学資金の給与期間は、正規の修業年数とする。ただし、1年ごとの更新によるものとする。

(給与の方法)

第7条 奨学資金は、原則として同一年度内の8月、12月及び3月の3回に分割して奨学生の保護者に支給するものとする。

(給与の停止)

第8条 奨学生が休学したときは、その期間、奨学資金の給与を停止するものとする。

(奨学資金の取消し及び返還)

第9条 委員会は、奨学生が次の各号のいずれかに該当すると認めた場合は、奨学資金の給与の決定を取り消し、又は奨学資金の一部若しくは全部の返還を請求することができる。

(1) 虚偽の申請その他不正な手段により給与の決定を受けたとき。

(2) 奨学資金の目的に反する行為のあったとき。

(3) 奨学資金を必要としなくなったとき。

(異動の届出)

第10条 奨学生の保護者は、奨学生が次の各号のいずれかに該当する場合は、委員会に届け出なければならない。

(1) 休学、復学、転学又は退学したとき。

(2) 奨学資金の給与を辞退しようとするとき。

(3) 死亡したとき。

(4) 氏名又は住所その他の重要な事項に異動があったとき。

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

小野市奨学資金給与条例施行規則

平成12年3月23日 教育委員会規則第3号

(平成12年3月23日施行)