本文へ移動

兵庫県小野市行政サイト

メニュー
RSS
こんにちは、
秘書課です
【主な業務内容】
秘書
TEL 0794-63-1002
FAX 0794-63-6600
こんにちは、総合政策部 企画政策グループです
【主な業務内容】
総合計画、行政改革、広域行政
TEL 0794-63-1404
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 協働参画グループです
【主な業務内容】
協働推進、NPO
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 プロジェクト推進グループです
【主な業務内容】
地域開発、土地開発公社
TEL 0794-63-1404
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 交通政策グループです
【主な業務内容】
こんにちは、総務部 総務課です
【主な業務内容】
統計書、職員採用
TEL 0794-63-3615
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 新庁舎建設室です
【主な業務内容】
新庁舎の建設
TEL 0794-63-1000(代表)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 財政課です
【主な業務内容】
予算編成、地方債、入札、庁舎管理
TEL 0794-63-1014
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 市民サービス課です
【主な業務内容】
広報発行、SNSの推進、区長会、国際交流
TEL 0794-63-1013
FAX 0794-63-1047
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 ICT推進課です
【主な業務内容】
ICT利活用推進、情報化推進、システム管理、ネットワーク管理、LGWAN
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-0198
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 税務課です
【主な業務内容】
税務管理、納税告知、税証明
(市民税係)
TEL 0794-63-1009
(収税係)
TEL 0794-70-8777
(資産税係)
TEL 0794-63-1689
(共通)
FAX 0794-70-9070
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 防災グループです
【主な業務内容】
防災、安全安心メール
TEL 0794-63-3387
FAX 0794-63-1093
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 地域安全グループです
【主な業務内容】
防犯、交通安全、安全安心パトロール
TEL 0794-63-1273
FAX 0794-62-9040
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 生活環境グループです
【主な業務内容】
し尿、ゴミ、一般廃棄物
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-62-9040
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
いじめ・男女共同参画推進に関するお問い合わせ
TEL 0794-63-4311
ご意見・お問い合わせ
人権に関するお問い合わせ
TEL 0794-63-1243
ご意見・お問い合わせ
FAX 0794-63-3690
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
TEL 0794-63-4311
FAX 0794-63-3690
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
TEL 0794-63-4311
FAX 0794-63-3690
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 市民課です
【主な業務内容】
住民票、戸籍謄本、印鑑登録、国民年金、国民健康保険、後期高齢者医療、福祉医療
(住民票、戸籍)
TEL 0794-63-1005
(国民年金)
TEL 0794-63-1016
(保険、医療)
TEL 0794-63-1469
(共通)
FAX 0794-63-7674
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 社会福祉課です
【主な業務内容】
生活保護、民生委員、日赤、災害援護、障害者(児)自立支援
TEL 0794-63-1011
FAX 0794-63-1204
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 高齢介護課です
【主な業務内容】
介護保険、介護予防、介護相談、虐待防止
TEL 0794-63-1509
FAX 0794-64-2735
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 子育て支援課です
【主な業務内容】
保育所、アフタースクール、児童手当、児童扶養手当、児童相談
TEL 0794-63-1645
FAX 0794-63-1990
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 健康増進課です
【主な業務内容】
健康、予防医療、予防接種、犬
感染症対策に関する問合せは、各ページ内に記載された問合せ先をご確認ください。
TEL 0794-63-3977
FAX 0794-63-1425
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 まちづくり課です
【主な業務内容】
宅地開発、都市計画、建築確認、市営住宅入居、公園管理、ガーデニング関連
都市整備係
TEL 0794-63-1884
景観整備担当
TEL 0794-63-2182
建築係
TEL 0794-63-1937
総務・住宅係
TEL 0794-63-1271
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 道路河川課です
【主な業務内容】
道路新設、道路改良、市道管理
TEL 0794-63-1008
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 産業創造課です
【主な業務内容】
農商工業振興、土地改良、森林整備、就業・起業支援
TEL 0794-63-1928
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 観光交流推進課です
【主な業務内容】
観光、コミレス、特産品開発、小野まつり
TEL 0794-63-1929
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
市民病院です
〒675-1332
兵庫県小野市中町323
TEL 0794-63-2020
FAX 0794-63-3330
外来受付時間:
7時30分から11時30分
休診日:
土曜、日曜、祝日、年末年始
こんにちは、会計課です
【主な業務内容】
公金取扱、業者支払
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-3825
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、水道部です
【主な業務内容】
使用料、給水、浄水
TEL 0794-63-1012
FAX 0794-63-2500
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
消防本部です
消防庁舎
TEL 0794-63-0119
FAX 0794-63-7199
テレホンガイド
0794-63-7119
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
農業委員会です
【主な業務内容】
農地利用、農地相談
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
固定資産評価審査委員会です
【主な業務内容】
不服審査、決定
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
選挙管理委員会です
【主な業務内容】
選挙、選挙事務
TEL 0794-63-1007
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
監査委員です
【主な業務内容】
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
公平委員会です
【主な業務内容】
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
教育委員会です
教育総務課
TEL 0794-63-1015
ご意見・お問い合わせ
学校教育課
TEL 0794-63-2409
ご意見・お問い合わせ
いきいき社会創造課
TEL 0794-63-2445
ご意見・お問い合わせ
スポーツ振興課
TEL 0794-63-2591
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 住むならおの推進グループです
【主な業務内容】
住むならおの推進本部に関すること、地方版総合戦略の策定
TEL 0794-63-1000(代表)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 シニア活躍推進課です
【主な業務内容】
高齢者活動等の推進
TEL 0794-63-2684
FAX 0794-64-2735
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
新型コロナウイルス感染症に関する情報です
【主な業務内容】
新型コロナウイルス感染症に関する情報を取りまとめています。
お問い合わせ先は、各ページにてご確認ください。
防災情報 安全安心メール登録 救急情報

2021年10月~12月分のバックナンバー

2021年11月24日(水)
《市内店舗を利用して温泉でぽかぽか!~イイフロの日いっちゃおうキャンペーン~

小野市観光協会では、11月26日(金)から「イイフロの日行っちゃおうキャンペーン」として、観光協会の“特別会員店舗”をご利用いただいた方に、「白雲谷温泉ゆぴか」、「鍬溪温泉きすみのの郷」の入浴料半額券をプレゼントします。緊急事態宣言などでご利用いただけなかったお客様に、市内の店舗に足を運んでいただき、さらに温泉で心も体も温まっていただこうというものです。

●イイフロの日キャンペーンチラシ.jpg ゆぴかは、令和元年のリニューアルにより湯面と景色が一体に見える“インフィニティ風呂”や“展望サウナ”、迫力ある大屋根がある“こかげの湯”などが加わり、自然が満喫できる癒しと安らぎの施設となっています。鍬溪温泉は、400年以上の間、絶えず湧き出す源泉は湯あたりが柔らかく、よく温まると人気の温泉であります。湯上りには“ぷらっときすみの”の本格手打ちそばを堪能できます。

市内の店舗においては、緊急事態宣言などによる営業時間の時短要請が解除されましたが、客足はコロナ前にまで回復していないと聞いております。このキャンペーンに参加いただき、皆さんに小野市の誇る2大温泉を楽しんでいただくと共に、市内の各店舗が賑わうことで「元気な小野市」が戻ってくることを期待しています。
※イイフロの日行っちゃおうキャンペーンの詳細はこちら


2021年11月17日(水)
《美しいまち小野市を目指して!~ガーデニングシティおのの推進~

先月末にひまわりの丘公園で「ガーデニングフェスティバルinおの2021」が開催され、ガーデニングコンテストや園芸教室、8年ぶりに復活したピザ窯で焼いたピザ作り体験も行われるなど大変盛況でありました。また南側農地では、380万本が満開のコスモス畑の中に入って写真を撮影したり、切り花を持ち帰ったりと、小さなお子さんからお年寄りまで多くの方々で賑わいました。

●ガーデニングフェスティバル.JPG  ●コスモス ガーデニング.JPG

小野市では、平成14年に「ひまわりの丘公園」がオープンして以来、「ガーデニングシティおの」を目指し、市民の参画と協働のもと「色と香りのまちづくり」を推進しています。その取組の中心となる「ガーデニングボランティア」は、講習によりガーデニングの知識や技術を習得された方も在籍し、種から花を育てる育苗と育てた花を市内各地の花壇に植栽する活動を行われています。

●きらら通り 新庁舎 ガーデニング.JPG  ●ルートイン ガーデニング.jpg

今や当たり前のように目に入ってくる市内の美しい景観を支えているのは、ボランティアさんの活動によるものと言っても過言ではなく、市内の公共施設をはじめ、市役所前のきらら通りや交差点のポケットパークなど、小野市に訪れる方々に見ていただけるよう花木を植栽してお出迎えしております。また今月、 20年間に渡る活動が讃えられ「貝原俊民美しい兵庫づくり賞」を受賞されます。

来年春には、ひまわりの丘公園内の芝生広場に育苗ハウスが完成し、春と秋の「花いっぱい運動」で地元自治会などへ種から育てた花苗の配布が始まるなど、益々その活動も活発化していくものと考えます。ガーデニングボランティアをはじめ市民の方々と一緒になって、皆さんに「美しいまち小野市」を感じていただけるよう、今後も取組を続けてまいります。


2021年11月10日(水)
《選挙事務のイノベーションへのチャレンジ~2021衆院選~

選挙事務のイノベーション(改革)は、平成19年7月の衆院選から取組を開始して以来、今年で14年目を迎えますが、今もなおチャレンジし続けております。先日の衆議院議員選挙の開票事務においては、20時50分に開票を開始し、 終了時刻として小選挙区は21時55分(前回比5分短縮)、比例代表は22時15分(同9分短縮)を目標に職員が共通認識を持って開票事務に従事しました。

●2021衆院選 選挙開票事務.JPG 開票事務は公平性や正確性は当然のことでありますが、迅速性、つまり如何に時間を短縮できるかを毎回再点検しております。開票集計システムや投票用紙自動読取分類機等の機器の導入をはじめ、従事者は全員運動靴とゼッケン着用、作業台のかさ上げによる作業効率の向上、機械分類をカバーする「識別不能票分類係」を創設するなど、年々改良を重ねています。

14年間、たかが選挙事務、されど選挙事務で改革を反芻して行うことで、昔は夜中までかかっていたものが今や県内トップレベルの早さで開票作業を行えるまでになっています。私が一貫して申し上げています「意識改革なくして行動なし」が小野市で職員に広く浸透し、近年ではこの考え方が新聞などのメディアを含め他の自治体でもようやく根付いてきたものと感じております。

終了時刻は目標に至りませんでしたが、小選挙区の22時10分は兵庫県第4区(北播磨、西区)で最も早く、比例代表の22時20分は県内で最も早い時間となりました。このように期日前投票や当日の投票、また投開票が無事終えられたことについて、地元区長様などの立会人や関係者の方々のご理解とご協力に深く感謝申し上げます。


2021年11月3日(水)
《魅力ある小野をインスタ投稿~#おのおのの小野キャンペーン~

10月1日から来年の2月28日までの期間、観光やグルメなどの小野市の魅力ある写真を画像共有アプリ「インスタグラム」で投稿すると、小野市の特産品が当たる「#おのおのの小野キャンペーン」を開催しています。

●【チラシ】小野市インスタキャンペーン.jpg コロナ禍においては多くの方が外出を自粛されていましたが、緊急事態宣言の解除や感染者数の減少に伴い、市内の観光地や公園等で行楽を楽しむ方々が徐々に見られるようになってきました。そのような中、本キャンペーンのインスタへの投稿数もどんどん増えており、10月末現在で約900件もの画像がアップロードされています。

ひまわりの丘公園南側農地に咲く約380万本の「コスモス」や、日本一低いアルプスと呼ばれている「小野アルプス」、秋から冬にかけて多くの鴨が飛来する県立自然公園「鴨池」などの観光地をはじめ、普段何気なく見ている風景や知らずと口にしているグルメなど、お気に入りの“おのおの(各々)の小野”を写真にして、皆さんと共に魅力ある小野市の「オンリーワン」を広く発信していきたいと考えています。

応募いただいた方の中から抽選で、小野市産の山田錦を使用した日本酒「おの恋大吟醸」や、きすみの営農組合が生産された「お米」や「そば」など、小野市の特産品をプレゼントします。たくさんの方のご応募をお待ちしております。
詳しくは、小野市観光協会HP まで。


2021年10月27日(水)
《徹底した考察を通じて小野市の未来を描く ~小野市研究発表会開催~

●小野市職員発表会.JPG 先日、第18回目を迎える「小野市研究発表会」を開催しました。新型コロナ感染症対策として3密を回避するため、今年度も昨年度に引き続き、舞台を例年の伝統産業会館から「市議会議場」へ移し、市役所関係機関の各所でLIVE配信が視聴できる、リモート方式での開催となりました。

この発表会は職員の自主研修の一環として平成16年度から毎年実施しており、その狙いは、1つには市民に対して『説得ではなく納得』してもらうための「説明能力の向上」、2つには発表者のみならず参加した職員の「知識習得や公務遂行能力の向上」、3つには職員の「仕事に対するモチベーションの向上」であります。

平成23年度からは市役所外部の方からも発表者としてご参加いただいており、今年は市民の代表として、「小野市議会議員」の方々が特別参加され、将来の小野市の目指すべき姿について発表していただきました。このように職員と議員の方々が同じ場で発表するというのは、全国的にも珍しい取組であります。

発表技術は年々向上しており、同一フレーズを何度も繰り返すことで聴衆に強く印象付けるテクニックや、発表者が現在行っている取組を現場画像や実績を用いて丁寧かつ分かりやすく説明することで事業の見える化とPRを効果的に行うなど、例年と一味違った趣向の発表もあり、職員の表現スキルに幅の広がりが感じられました。

中でも特に、最優秀賞を勝ち取った水道部の「コロナ禍・人口減少時代の水道事業経営を考える」の発表は、現状報告だけではなく、リサーチしたデータから課題を抽出し、徹底的な考察を経て、小野市の未来を見据えて水道事業にどうアプローチしていくべきかという大胆な政策を提案するなど、これからの市政運営にとって非常に参考になる内容でありました。

これまでから常に言い続けておりますが、大切なことは、単に説明だけで終わるのではなく、各テーマに対して「これでもか、これでもか」というぐらい課題を深く掘り下げ、あらゆる視点から考察を行い、将来に対する提案につなげることであります。コロナ禍にあっても“し続ける”ことに意味があり、今後も発表会をさらに進化・深化させ、新たなニーズに応えられるよう貪欲にチャレンジしていただきたいと思います。来年も素晴らしい発表を期待しております。


2021年10月20日(水)
《今年も「日本酒おの恋」で山田錦応援!

●おの恋第3弾チラシ(最終).jpg

昨年、販売本数2,228本とご好評いただいた「日本酒おの恋」の割引キャンペーンを、今年も実施いたします。定番となりました「日本酒おの恋」の生一本純米吟醸と純米大吟醸に、昨年末に発売を開始した「上撰紅山(じょうせんべにやま)」を追加し、日本酒おの恋販売促進支援事業として割引販売いたします。

日本酒おの恋は小野市産山田錦を100%使用した小野市のブランド酒です。生一本純米吟醸は、甘い香りとフルーティーな味わいで、しっかりとキレのあるお酒です。純米大吟醸は、精米歩合35%で山田錦特等米の甘味、旨味を存分に味わえ、澄んだ湧き水のような飲み易さで女性にも好評です。上撰紅山は、芳醇な香りとまろやかな口当たりで燗酒にすることで香りが膨らみ、晩酌にもってこいの一本です。

実施期間は11月1日から12月31日の2ヶ月間で、市内の指定店舗で購入いただきますと通常価格から割引(生一本純米吟醸、上撰紅山は1,000円割引、純米大吟醸は2,000円割引)いたします。お歳暮などのご贈答は勿論のこと、コロナ禍でのオンライン飲み会や家飲みなど、様々な用途でご活用いただきたいと思います。

●日本酒おの恋 3種類.jpg 日本一の生産量を誇る酒米「山田錦」は、コロナ禍における飲食店の休業や時短営業などの影響もあり販売価格が低迷し、減産を余儀なくされています。まずは多くの方に飲んでいただき、「日本酒おの恋」に親しみと関心を持っていただくことで、山田錦の需要拡大を促進し、酒販業者や生産農家への支援に繋げてまいりたいと考えています。

 


2021年10月13日(水)
《「マイナンバーカード」市民の2人に1人が申請済!

9月25日(土)・26日(日)の2日間、マイナンバーカードの普及促進を目的に、総務省からマイナポイント手続サポーターとして指定された「auショップ小野店」と市がタイアップし、イオン小野店に会場を設け、マイナンバーカードの申請受付を行いました。

●マイナンバー出張窓口(イオン:auショップ).JPG

小野市では、これまでから市役所でのマイナンバーカードの申請受付だけでなく、土曜窓口での申請受付、休日でのコミセン、各町の公民館での出張申請受付など、市民の皆様が申請しやすい環境整備に取り組み、「マイナンバーカード普及促進」を行ってまいりました。

このたびのイオン小野店での申請受付では、市はマイナンバーカードの申請書作成、写真撮影を、「auショップ小野店」の方にはマイナポイントの説明を担っていただき、2日間で合計94人の方に申請いただきました。多くの若い方にも申請いただき、「買い物や携帯電話の相談のついでに申請ができて助かった。」との声をいただいております。

●マイナンバーカード申請率(小野市).jpg

このような取組により、マイナンバーカードの申請率はこの1年間で24%→50%と県下29市中で第2位の伸び率となっており、既に市民の「2人に1人」が申請されております。

マイナンバーカードは、健康保険証としての活用も開始されることになっており、加速していくデジタル化社会に対応していくために必要不可欠なカードになっておりますので、まだお持ちでない方は、是非とも早目の申請をお願いします。


2021年10月6日(水)
《ワクチン接種を加速させた「意識改革」と「行動変容」

8月下旬、新型コロナウイルスのデルタ株による感染が急拡大する中で、兵庫県の1日の新規感染者数は過去最高の1000人を超え、県内の入院患者数は過去最高となり、病床利用率も増加の一途で医療体制は逼迫していました。自宅療養者も感染者の実に約6割にのぼり、初めて4000人を超える状況でありました。

そのような中、小野市では自宅療養者を見守り支援する「地域の集中医療施設」、市内小中学校の新学期開始に対応した「学級閉鎖基準」、「教職員の集団接種」、北播磨総合医療センターにおける「妊婦の感染者受け入れ」など、国や県に先んじて市民の命を守るべく市として基本的な考えを示してきました。

一方で、9月上旬のピーク時には市民へのタイムリーな情報提供が望まれるなか、以前より要望し続けております「市町別感染者数の公表」について、県は未だ半月遅れで発表し続けており、“実態との乖離”が改善されず、市民の不安も解消されないままでありました。また、「自宅療養者の情報提供」についても、国から県へ支援充実のため市町村に情報提供を促す通知がなされましたが、県は個人情報保護の観点から主体的には情報提供されず、提供する場合も限定されています。

正確な状況把握は危機管理の大原則であります。必要な情報を迅速に発信することにより市民の「行動変容」に繋がることから、首長の責務として危機の実態と対応策を市民へ呼び掛けてきました。市民の皆様のご理解ご協力のおかげで、当市における感染者数は人口あたりに換算して、北播磨で常に低く、市民全体のワクチン接種にあっては、1回目が約80%、2回目が約75%の方が接種を終えられています。

9月末には4度目の緊急事態宣言が解除されましたが、状況は目まぐるしく変化しています。重要なことは、市民の「意識改革」、「行動変容」を如何に促すかであります。第6波の到来が想定されるなか、危機管理の基本である「悲観的に準備をし、楽観的に対応する」の原点に立ち戻り、今後3回目のワクチン接種も含めて行政と住民が一体となり新型コロナウイルス感染症に立ち向かっていきたいと考えています。

小野市立図書館 北播磨総合医療センター 小野市消防本部 うるおい交流館 エクラ 小野市議会 おふろ部 白雲谷温泉 ゆぴか 小野市観光ナビ
HOMEサイトマップ当サイト案内個人情報取扱お問い合わせページの上へ
兵庫県小野市 
〒675-1380
小野市中島町531 
TEL 0794-63-1000 
FAX 0794-63-6600