住宅用火災警報器は、火災により発生した煙や熱を感知し、
警報音や音声で住人に知らせる機器です。
消防法並びに小野市火 災予防条例により住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。
新築住宅については、平成18年6月1日から設置、
既存住宅については、平成18年6月1日から平成23年 5月31日までに設置
詳しくは、住宅用火災警報器説明資料をご覧ください。
住宅用火災警報器説明資料(PDF 405KB)