平成23年度消防本部・女性消防団合同住宅防火訪問
 火災による死者の約9割が住宅で発生し、特に65歳以上の高齢者はその約6割を占めており、火災が発生した場合、
死亡率も他の年齢層に比べて極めて高いのが現状です。
 そこで、秋の火災予防運動の行事の一環として消防本部と消防団(女性分団)が合同で住宅防火訪問を実施しました。
 一人暮らしの高齢者や高齢者夫婦の住宅を対象に防火訪問を行い、高齢者宅の火災発生を防止するために、住宅の
防火安全性を呼びかけました。
内  容: ・住宅用火災警報器の維持管理状態の確認及び設置状況
・火気設備の使用状況調査及び火災予防の啓発
実施日: 平成23年11月5日(土)
対象者: 【独  居】上新町(13世帯)
【老夫婦】黒川町(7世帯)・中町(5世帯)
写真コーナー
出発式 訪問状況 訪問状況
訪問状況 火災予防に関するパンフレット等
を配布
住宅用火災警報器の
設置状況の確認