今年も「トライやる・ウィーク」で市内の中学生が小野市消防署にやってきました。
 学校生活を離れ、厳しい消防署での生活を約1週間送りました。最初は緊張した面持ちでしたが、訓練を重ねるうちに、たくましい消防人の顔つきに変わっていきました。短い期間ではありましたが、中学生にとって何かを感じられた一週間になったのではないかと思います。
毎日続いた体力練成
ホース延長 放水訓練 救助資器材点検
スノーケル車で高所へ 管制室 救急車点検
煙体験訓練 市民救命士講習会
救助訓練  高さ約10mのロープを渡り、登り、降下しました

<小野中学校  5月17日(月)〜21日(金) 8名>
<旭丘中学校・小野南中学校 5月24日(月)〜28日(金) 8名>
(24日は警報発令のため中止)