平成20年5月25日(日)、王塚西駐車場にて第36回小野市消防団消防操法大会が開催されました。
 前夜から雨が降り続き、悪天候での操法大会になるかと思われましたが、開会式の頃には雨は上がり、消防団員の競技を歓迎するかのような天候となりました。
 各分団からは18日の分団予選で選考された14部(ポンプ車の部 4部、小型ポンプの部 10部)が出場し、連日連夜の訓練の成果を発揮し、白熱した大会となりました。
<大会結果>
消防ポンプ自動車の部 小型ポンプの部
優勝 中分団特設部
準優勝 南分団特設部
優勝 東分団特設部
準優勝 南分団特設部
※ 優勝チームは7月に開催される北播磨地区消防操法大会へ小野市代表として出場されます。
     
 この大会では家族・一般席を設け、普段見ることの少ない消防団活動がどんなものなのか知っていただく機会を作りたいと考えました。
 毎日毎晩、旦那様やお父さん、息子さんがどんなことをしているのか、消防団活動とはとはどんなものなのかを奥様やお子様方に少しでも理解いただけたのではないかと思います。
 『お父さ〜ん、頑張れ〜』 『かっこいい〜』
などといった声援が聞こえ、お父さんの励みになったことでしょう
。 
 また、模擬消火体験コーナーを設営し、水消火器による消火訓練を体験していただきました。体験者の皆さんは消火器の使い方をしっかりマスターされました。