消防団協力事業所表示制度

 地元地域を火災や水害、地震などの災害から守り、地域防災の重要な役割を果たすのが消防団です。
 小野市では消防団員の約80%がサラリーマン団員であり、そのおよそ半数が市外に勤務している状態です。このような状態では災害発生時に対応できない可能性があります。
 そこで消防団員の確保と活動環境を整備するため、「消防団協力事業所表示制度」を平成19年4月1日から施行しました。


1. 制度の概要

 認定基準を満たし、消防団協力事業所として認定された事業所には、「消防団協力事業所表示証」を交付します。交付された表示証は、社屋に掲示したり、自社のポスターやホームページ等で公表することができ、消防団活動への協力が社会貢献の一貫としてアピールでき、事業所のイメージアップにつながるとともに、地域防災力の向上を図ることができます。


2. 消防団協力事業所の認定基準

消防関係法令に違反がなく、次のいずれかに該当している場合、認定されます。


3. 申請から交付までの流れ


4. 表示証はこんなもの

 
○消防団協力事業所表示証(例)

5. 小野市消防団協力事業所表示制度実施要綱(502KB)

6. お問い合わせ先

小野市消防本部総務課
電話番号:0794−63−0119
メールでのお問い合わせ  syobo@city.ono.hyogo.jp