「防げ!寝たきり」
PSLSコースを開催
日時:9月7日(水) 13時00分から17時00分
場所:小野市中島町 うるおい交流館エクラ   
 脳卒中、特に脳梗塞を発症した場合、治療法の進歩に伴い、救急隊の迅速な判断と適切な医療機関への搬送が重要となっています。そこで、北播磨救急連絡部会では、「防げ!寝たきり」を合言葉に、防ぐことができた脳卒中の後遺症の減少を目指し、PSLS(Prehospital Stroke Life Support;脳卒中病院前救護)コースを開催しました。
 当日は明石市大久保病院小平医師の指導のもと、北播磨3消防本部から集まった救急救命士20名が熱心に講習会を受講しました。
 
大久保病院 小平医師による講義
各消防本部のインストラクターによる実技指導