「救急の日」キャンペーン



 9月9日は99ということもあり「救急の日」と定められています。小野市消防本部でも、「救急の日」キャンペーンを市内各所で行いました。
 小野市民病院看護師2名を「一日救急隊長」に任命し、活動していただきました。
 午前中は、一日救急隊長2名・女性消防団員4名・消防本部係員3名で小野サティ・マックスバリュ王子店・フレッシュさとう・小野市民病院をまわり、救急車の適正利用などを呼びかけるビラ及び啓発ティシューを配り、救急車の適正利用を呼びかけました。
 午後からは、小野サティ内セントラルコートにて、一日救急隊長2名と消防本部係員3名で「移動救急教室」を開きました。看護師による、血圧測定及び医療相談、消防本部係員によるAED(電気ショックをあたえる機器)を用いた心肺蘇生法訓練を実施しました。



                   

       消防長より「一日救急隊長」の任命証を受け取る               救急車の説明を受けている様子


                   

       市民病院内でビラ及びティシューを配っている様子            小野サティ入り口でビラ及びティシューを配っている様子

                   

       小野サティ内でビラ及びティシューを配っている様子           移動救急教室の様子(写真では血圧測定を行っています)


                                      トップページへ