小野市消防本部トップ > 災害を学ぶ > 風水害・台風 > 台風とは?基本的な知識

台風とは?基本的な知識

台風とは?

 南の海上で積乱雲の群れが渦を巻いて発生した『熱帯低気圧』のうち、中心付近の最大風速が17m/秒を超えるものを言います。


台風が多く発生する月は?

 平均的に8月、9月、7月の順に多いです。


最大風速と瞬間最大風速の違いは?

風向、風速は絶えず変化しており、瞬間値と平均値があります。
瞬間的な風速の最大値を瞬間最大風速、10分間の平均風速の最大値を最大風速といいます。


台風の強さの表現は?

最大風速17m/s~33m/s 単に台風と呼びます。
(今までは弱いとか並みのという表現がありましたが、風が強くなくても、雨による被害が大きい場合があり、弱いとか並みのという表現はなくなりました。)
強い台風 33m/S~44m/s
非常に強い 44m/S~54m/s
猛烈な 54m/S以上


小野市で最も大きな被害を及ぼした台風は?

昭和40年9月10日兵庫県南部(姫路市付近)に上陸した台風23号で最大瞬間風速45.5m/s(小野市の小学校観測)で、その前後の秋雨前線(9月9日から17日まで)などで560mmの雨量を観測しました。


暴風警報は?

陸上で20m/s以上、海上で25m/s以上の風が予想されるときに発令されます。


風の強さと被害の程度は?

風力 風速(m/s) 現                象
8~10.7 葉のある木がゆれ、池の水面に波頭が立つ
10.8~13.8 大きな枝が動き、傘がさしにくくなる。電線が鳴る。
13.9~17.1 木全体がゆれだす。風に向かって歩きにくい。
17.2~20.7 風に向かって歩けない。木の小枝が風で折れる。
20.8~24.4 人家にわずかの損害が起こる。(煙突が倒れ、瓦がはがれる。)
10 24.5~28.4 陸地の内部では珍しい。樹木が根こそぎになる。
人家に大損害が起こる
11 28.5~32.6 めったにおこらない。広範囲の破壊を伴う。
12 32.7以上  



消防本部 〒675-1378 兵庫県小野市王子町806-1 TEL 0794-63-0119 FAX 0794-63-6699
南分署 〒675-1326 兵庫県小野市池尻町628-161 TEL 0794-63-0099 FAX 0794-62-6299
Copyright(c) 2011 小野市消防本部. All Rights Reserved.