小野市消防本部トップ > 災害を学ぶ > 風水害・台風 > 大雨が降ってきたら(気象情報、危険箇所の監視、避難の時期)

大雨が降ってきたら(気象情報、危険箇所の監視、避難の時期)

気象情報予防予報

テレビやラジオで気象情報や水防情報を集める。
インターネットなどで情報を集める。
防災気象情報サービス http://www.tenki.or.jp/
日本気象協会 http://www.jwa.or.jp/
国土交通省『川の防災情報』 http://www.river.go.jp/
気象注意報・警報 1時間雨量 3時間雨量 日雨量
大雨注意報
(総雨量50mm以上で)
20mm以上 30mm以上 平地70mm以上
山地100mm以上
大雨警報
(総雨量100mm以上で)
40mm以上 70mm以上 平地150mm以上
山地200mm以上
洪水注意報 30mm以上 40mm以上 100mm以上
洪水警報
(総雨量100mm以上で)
40mm 70mm 平地150mm以上
山地200mm以上
加古川洪水予報 近畿地方整備局姫路工事事務所と
神戸海洋気象台が洪水を予報する。
加古川洪水予報 ・前24時間の雨量が50mmを超え、引き続きかなりの
 降雨が予想されるとき。
・基準点(西脇市板波、加古川市国包)の加古川水位が
 指定水位を超え、引き続きかなりの増水が予想されるとき。
加古川洪水注意報 基準点の水位が警戒水位を超え、さらに上昇する
恐れがあるとき。
加古川水防警報 基準点の水位が警報対象水位程度又は
警報対象水位を超える洪水となる恐れがあるとき。
 これらの他に水防関係者に向けた水防指令や水防警報などがあります。


時間雨量と雨の降り方のめやす

5~10mm すぐに水溜りができる。雨音はよく聞こえる。
10~20mm 地面一面が水溜りになる。雨音は話し声が聞こえないほど強い。
20~30mm バケツをひっくり返したような激しい振りかた。いわゆる土砂降り。
水路があふれ、崖崩れの危険もある。
30mm以上 道路に水があふれる。小さな川の氾濫や崖崩れの危険がある。
危険地帯では避難の準備を始める。 


危険場所の監視

 身近の危険場所に注意してください。次のようなことがあれば、ため池、水路、河川の管理者及び消防署などの水防機関に通報しましょう。
ため池 ・堤防の裾や途中から濁った水が漏れていませんか?
・堤防から水が溢れそうになっていませんか?
・堤防の一部が崩れかけていませんか?
・余水はけは開いていますか?
・急激な水位の上昇が見られませんか?
河川 ・堤防の裾や途中から濁った水が漏れていませんか?
・堤防から水が溢れそうになっていませんか?
・堤防の一部が崩れかけていませんか?
・水門から水が逆流していませんか?
崖・傾斜地 ・土砂や小石が落下していませんか?
・途中から濁った水が湧き出していませんか?
・崖などの上部や途中に亀裂ができていませんか?
・普段からある湧水が止まっていませんか?
・普段聞きなれない音がしていませんか?
水路 ・ゴミや草などが詰っていませんか?
・土砂が堆積していませんか?
・水路から水が溢れていませんか?
・水路と道路の境がわからなくなっていませんか?
その他 ・下水などのマンホールから水が噴出していませんか?


避難の時期

・水防管理者の避難指示や、勧告が出たとき
・過去の経験から被害発生が予測されるとき
・危険場所の監視を通じて災害発生が予測されるとき
・自主防災組織や消防団などから避難を勧められたとき

!!避難のときに備え非常持ち出し品を準備しておきましょう。


水防活動への参加

大きな水害が発生すると消防署や消防などの防災機関だけでは対応が困難となります。
災害を大きくしないためにも災害現場の近くにいる住民の早期の対応が必要です。
迅速な地域住民による対応が地域を守ります。自主防災組織などを結成する必要があります。
安全な活動をするために普段からの訓練も必要です。

消防本部 〒675-1378 兵庫県小野市王子町806-1 TEL 0794-63-0119 FAX 0794-63-6699
南分署 〒675-1326 兵庫県小野市池尻町628-161 TEL 0794-63-0099 FAX 0794-62-6299
Copyright(c) 2011 小野市消防本部. All Rights Reserved.