小野市消防本部トップ > 災害を学ぶ > 救急 > 心肺蘇生法を覚えよう! > 8歳未満の小児

心肺蘇生法の手順(8歳未満の小児)

心肺蘇生法の手順(8歳未満の小児)

① 反応を調べる

・倒れている人をみつけたら、肩を(かるく)たたいたり大声で呼びかけて、何らかの応答や目的のある仕草がなければ「反応なし」とみなす。



② 助けを呼ぶ(119番通報とAEDの手配)

『誰か来て下さい』


『あなた119番通報をしてください』
『あなたAEDを持ってきてください』


・反応がなければ、大声で助けを求める。

※自分以外に誰もいなければ、まず心肺蘇生法を2分間(5サイクル)実施した後、119番通報しAEDが近くにあるなら取りに行く。






③ 気道の確保

・反応がなければ、直ちに気道の確保を行う。

・片方の手の平を額に置き、片方の手の人差し指と中指を下あごの先の骨の部分に置き、あごを持ち上げながら頭を後ろにそ らす。(頭部後屈あご先挙上法)




④ 呼吸を調べる

・気道を確保したら、胸や腹部の動きを見ながら鼻や口から空気の出入りを聞き、頬で呼気を感じて呼吸の有無を調べる。
・正常な呼吸か普段どおりの呼吸かを10秒以内で調べる。

※呼吸が確認できれば回復体位(側臥位)にする。


⑤ 人工呼吸

・気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差指で傷病者の鼻をつまむ。

・口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないように息を2回吹き込む。

※約1秒かけて胸の上がりが見える程度吹き込む。



⑥ 胸骨圧迫

・圧迫部位
に掌の付け根を置く。(十分な圧迫ができるよう、片手または両手で圧迫する。)
・肘をまっすぐ伸ばして体重をかけ、胸の厚みの約1/3程度圧迫する。

・1分間に100回の速さで連続30回圧迫する。


※圧迫する位置は、胸の真ん中または、乳頭と乳頭を結ぶ(想像上)線の胸骨(胸の中央の平らな骨)上。


⑦ 心肺蘇生法の実施
 ・胸骨圧迫30回と人工呼吸2回のサイクルを繰り返す。

           30:2で
         繰り返し




現在、小野市消防本部では、毎月第2、第3日曜日に市民救命士講習会(無料)を実施しています。

※ 第2日曜日:市民救命士Ⅰ養成講習(3時間)
・・・心肺蘇生法
  第3日曜日:市民救命士Ⅱ養成講習(4時間)
・・・心肺蘇生法+AED
 詳しくは、消防署南分署(63-0099)までお問い合わせください。

団体で受講を希望される場合は、上記以外の日程(特に平日)でも積極的に受け付けておりますので、消防本部 救急救助課救急係(63‐0119)までご相談ください。


小野市消防本部 〒675-1378 兵庫県小野市王子町806-1 TEL 0794-63-0119 FAX 0794-63-6699
小野市消防署南分署 〒675-1326 兵庫県小野市池尻町628-161 TEL 0794-63-0099 FAX 0794-62-6299
Copyright(c) 2011 小野市消防本部. All Rights Reserved.