小野市消防本部トップ > 災害を学ぶ > 火災 > 平成25年 中番小学校区地域教育防災訓練

平成25年 中番小学校区地域教育防災訓練

  中番小学校区地域防災教育訓練
 中番小学校区地域教育防災訓練を実施しました。
 この訓練は、大規模地震によって災害が発生した時に、拠点避難所となる学校で、地域住民や防災機関等と学校が連携を図り、地域と行政が一体となって防災訓練を行うことで、災害対応能力の向上、防災意識の高揚や災害発生時の被害の軽減を図ることを目的としました。
 日時:  平成25年11月17日(日) 午前9時00分~12時00分
 場所:  小野市立中番小学校
 参加機関: 中番地区自主防災組織等(6組織) 10名×6
市立中番小学校(児童、保護者、教職員等)(135名・約100名・17名)
市消防団東分団  
小野交通安全協会菅田支部  
小野防犯協会菅田支部  
兵庫県社警察署
兵庫県警通信指令課、機動装備隊
陸上自衛隊 第8高射特科群
市教育委員会
市消防本部
市水道部
市(災害対策本部等)
合計   約 400  人
≪災害想定≫

平成25年11月17日(日)午前9時00分(平常授業中)
兵庫県南東部の山崎断層帯南東部地震(M7.3)が発生!!
市内最大震度7
住宅の倒壊、火災、死傷者及び避難者が同時に多数発生し、市内に甚大な被害をもたらした。

断層帯南東部地震による小野市の被害状況(県の公表)

  ・ 死者数      1,023名

  ・ 負傷者数       448名

  ・ 全壊建物数   17,013棟

  ・ 半壊建物数    7,033棟

≪訓練内容≫  
 
・学校避難訓練   ・地域避難誘導訓練
 
児童が校舎の倒壊から体を守るため、座布団で頭を保護しながら避難していきます。   地域住民が避難所となる学校に避難します。
・消火救出訓練
取り残された負傷者を、梯子やスノーケル車を使用して救助隊が救出します。 救出された負傷者を救急隊が搬送します。
消防団が一斉放水を行っています。
・児童引き渡し訓練
避難した児童を保護者に引き渡します。 保護者を確認し、引き渡します。
・消火器による消火訓練
水の入った消火器を使用して、消火訓練をします。 的を狙って水をかけながら、消火器の使い方を学習します。
・バケツリレー
みんなで協力して、水の入ったバケツをリレーします。 最後は、的に向かって水をかけます。
・炊き出し訓練 ・給水訓練
災害時用の食料品を作って、分けて配る準備をします。 給水車から飲料水をポリタンクにもらいます。
・警察車両通信訓練 ・避難所開設訓練
地震の被害を警察が車両の無線機で県警本部へ伝えます。 避難者名簿や被害状況などを貼り出しています。
・土のう作成体験
土のう袋に土を入れています。 作った土のうを積み上げていきます。
・放水体験
実際の消火活動時に使うホースと筒先で放水体験 ひとりで持てるかな?
・煙体験
ビニールハウスの中には煙が充満しています。 煙の中は前が見えにくくて、息がしにくいです・・・
・避難所体験
実際に避難所を体験してみよう。 段ボールがベッドの代わりになります。
・消防展示
救助工作車 スノーケル車
救急車 水槽車
・自衛隊展示 ・警察車両展示
・閉会式
参加していただいた皆さんのご協力により、訓練は無事に終了しました。
★災害に備えて、避難所等の確認や非常用食料等の備蓄など、防災について皆さんも考えてみてください。
 

消防本部 〒675-1378 兵庫県小野市王子町806-1 TEL 0794-63-0119 FAX 0794-63-6699
南分署 〒675-1326 兵庫県小野市池尻町628-161 TEL 0794-63-0099 FAX 0794-62-6299
Copyright(c) 2011 小野市消防本部. All Rights Reserved.