本文へ移動
RSS
はじめての小野市観光 観光について電話でのお問い合わせは0794-63-1929まで
観光新着情報

小野アルプス

山ガールよろしく、登山ブームでハイカーが急増中。そんな中、初心者や家族連れにも気軽に登れ、期待以上のスリルも味わえる小野アルプス・紅山登山に出かけよう。

タイトル画像

小野アルプスには「紅山登山コース」「中コース」「東コース」と、いくつかの山歩きを楽しめるコースがある。
中でも断崖岩場のスリルが楽しめる「紅山登山コース」と市の最高峰小野富士からの景色が楽しめる「中コース」をご紹介。

コース案内図

POINT.1鴨池公園駐車場・鴨池休憩所 POINT.2鴨池(らんらんバスのりば) POINT.3女池東堤 POINT.4岩倉入口 POINT.5道標 POINT.6分岐A POINT.7分岐B POINT.8分岐C POINT.9岩倉峠 POINT.10岩場その1 POINT.11岩場その2 POINT.12紅山山頂 POINT.13惣山山頂(小野富士) POINT.14小野見山 POINT.15展望デッキ POINT.1鴨池公園駐車場・鴨池休憩所 POINT.2鴨池(らんらんバスのりば) POINT.3女池東堤 POINT.4岩倉入口 POINT.5道標 POINT.6分岐A POINT.7分岐B POINT.8分岐C POINT.9岩倉峠 POINT.10岩場その1 POINT.11岩場その2 POINT.12紅山山頂 POINT.13惣山山頂(小野富士) POINT.14小野見山 POINT.15展望デッキ

POINT.1 ここから出発 鴨池公園駐車場・鴨池休憩所

車やバイクでお越しの方は、鴨池公園駐車場(無料)に置いて出発。
駐車場内には休憩所やトイレもあるので身支度を整えてから出発しよう。
休憩所前には小野アルプスの案内図やパンフレットもあるので参考にしてね。

小野アルプスハイキング案内板

POINT.2 鴨池(らんらんバスのりば)

小野アルプスを縦断するとゴールは白雲谷温泉ゆぴかの目の前になる。
汗を流したい方は、ゆぴかに車を置いてらんらんバスで鴨池までこよう。
らんらんバス時刻表
まずは女池東堤を通って、岩倉入口をめざそう。

POINT.3 女池東堤

冬場の女池東堤では、ロシアから渡ってくる白鳥の観察や撮影も可能だ。
女池の東側を歩き、「紅山登山コース」の看板に従って進もう。

POINT.4 岩倉入口

林道を抜け田園風景を左手に進むと、岩倉入口に。
ここからは木々が生茂り、木漏れ日の中、里山歩きを思う存分堪能できる。

注意喚起案内板

ここに咲いている草花は見て、撮影して楽しんでね。
夏場はスズメバチにも注意が必要だ。

POINT.5 道標

右 小の町 一ば 下きし
(小野町 市場 下来住)
左 やしろ たきの あを
(社 滝野 粟生)

 

 

道標には付近の地名が記載されている。現在とは表記に違いもあり興味深い。

POINT.6 分岐A

右折でも直進でも紅山登山を楽しめる。
岩場のスリルを楽しみたい方は直進し南コースへ、紅山の岩場を避ける場合は右折し北コースへ進もう。
ここでは岩場を目指し直進。

POINT.7 分岐B

少し直進すると次の分岐がある。
左折すると通称小野富士と呼ばれる惣山に登ることができる。
直進しても小野富士に行けるが、傾斜はこちらの方が緩いので、息切れが心配な方はこちらがおすすめ。
紅山の岩場目指してさらに直進だ。

POINT.8 分岐C

(写真の道は小野富士方面)
さらに直進すると、また分岐がある。
左折すると小野富士への登山になる。
こちらからは、傾斜が急なので息切れに注意しよう。
まずは、紅山の岩場目指してここも直進だ。

POINT.9 岩倉峠

このあたりが岩倉峠だ。案内板の方へ登って行こう。
緩やかな坂道だが、雨降りの翌日などは滑りやすいので気を付けよう。

岩倉峠風景

POINT.10 岩場その1

山道を抜けると岩場にでる。左手には山陽自動車道や権現ダムが見える。
もちろんこれが目的の岩場ではなく、右手前方に・・・。

見上げ風景

少し進めば、いよいよ岩場のはじまりだ。

POINT.11 岩場その2

いよいよ岩場。さあ覚悟を決めて歩き出そう。

登りはじめ

登り始めはまだ傾斜は緩く2足歩行でも余裕がある。

山肌

岩場には紅い地衣類が所々はりついて、そのため山が紅く見えるようだ。

傾斜上昇中

この辺りから徐々に傾斜が、きつくなってくる。
岩場は全体的にグリップがきくので、足元は比較的滑りにくい。

急傾斜

とはいえさらに傾斜が強くなり、登山経験の少ない方は手も使って進もう。
くれぐれも無理のない自分のペースで登ることが大事だよ。

ベテラン

ベテランになると下りでさえも手を使わない方が、たったたったと・・・すごいっ。

POINT.12 紅山山頂

ようやく山頂。
急な岩場を登り終えた達成感と安堵感は、182.8m以上のものはあるんじゃないかな。

山頂展望(市内方面)

もちろん景色も最高。東側は市内が一望できる。

山頂展望(小野富士方面)

南東側には小野富士、さらに南側には明石海峡大橋や淡路島も見える。

記帳ボックス

そして鳥小屋ならぬ「記帳ボックス」もあるので、登山の記念に思いなど書き込もう。

紅山下山(北コース)

紅山頂上からの下山ルートは、登ってきた岩場をおりる南コースか、分岐Aへの緩やかな山道の北コース、福甸峠への西コースがある。
ここでは、北コースを降りて小野富士をめざそう。

紅山下山(北コース)階段

所々急なところもあるが階段になっている。転ばないように気を付けて。
分岐Aまで出たら、分岐Bか分岐Cへ向かう。

分岐Cから惣山へ

今回は息切れ覚悟で分岐Cからの挑戦だ。
傾斜が急な分、足元は階段になっている。
階段は全部で・・・、途中まで数えてたが、 息切れで数えるのは断念する。
数えられる方は挑戦してね。

POINT.13 惣山山頂(小野富士)

景色は最高・・・かと思いきや。
小野富士山頂からは木々がさえぎっているため見通しがよくない。
息も絶え絶え登ってきたのに、がっくり残念。
ご安心を、立札にあるように展望デッキ方面に足を進めると・・・。

POINT.14 小野見山

通称小野見山と呼ばれる辺りは、紅山と同様岩場になっており、周囲の景色は良好だ。

小野見山展望(紅山登山者)

先ほど登った紅山。よく見れば登山者の姿も見える。がんばって!!

POINT.15 展望デッキ

さらに進んで展望デッキに到着。
休憩しながら、景色を楽しむことができるよ。
ここから、分岐Bへ降り鴨池休憩場まで戻って今回の登山は終了となる。

別ルートの紹介

小野アルプスには、他にもいくつかルートがあってそれぞれ楽しめる。
小野アルプス縦断にも、ぜひ挑戦してみよう。
地図・交通アクセス
HOMEサイトマップ当サイト案内個人情報取扱お問い合わせページの上へ
兵庫県小野市 
〒675-1380 兵庫県小野市王子町806-1 
TEL 0794-63-1000 
FAX 0794-63-6600