本文へ移動
RSS
こんにちは、
秘書課です
【主な業務内容】
秘書
TEL 0794-63-1002
FAX 0794-63-6600
こんにちは、総合政策部 企画政策グループです
【主な業務内容】
総合計画、行政改革、広域行政
TEL 0794-63-1404
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 協働参画グループです
【主な業務内容】
協働推進、NPO
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 プロジェクト推進グループです
【主な業務内容】
地域開発、土地開発公社
TEL 0794-63-1404
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 交通政策グループです
【主な業務内容】
こんにちは、総務部 総務課です
【主な業務内容】
統計書、職員採用
TEL 0794-63-3615
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 新庁舎建設室です
【主な業務内容】
新庁舎の建設
TEL 0794-63-1000(代表)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 財政課です
【主な業務内容】
予算編成、地方債、入札、庁舎管理
TEL 0794-63-1014
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 市民サービス課です
【主な業務内容】
広報発行、SNSの推進、区長会、国際交流
TEL 0794-63-1013
FAX 0794-63-1047
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 情報政策課です
【主な業務内容】
情報化推進、システム管理、ネットワーク管理、LGWAN
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-0198
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 税務課です
【主な業務内容】
税務管理、納税告知、税証明
TEL 0794-63-1009
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 防災グループです
【主な業務内容】
防災、安全安心メール
TEL 0794-63-3387
FAX 0794-63-1093
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 地域安全グループです
【主な業務内容】
防犯、交通安全、安全安心パトロール
TEL 0794-63-1273
FAX 0794-62-9040
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 生活環境グループです
【主な業務内容】
し尿、ゴミ、一般廃棄物
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-62-9040
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
いじめ・人権グループ
TEL 0794-63-4311
ご意見・お問い合わせ
男女共同参画推進グループ
TEL 0794-63-1017
ご意見・お問い合わせ
FAX 0794-63-3690
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
TEL 0794-63-4311
FAX 0794-63-3690
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
TEL 0794-63-4311
FAX 0794-63-3690
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 市民課です
TEL 0794-63-1005
FAX 0794-63-7674
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 社会福祉課です
【主な業務内容】
生活保護、民生委員、日赤、災害援護、障害者(児)自立支援
TEL 0794-63-1011
FAX 0794-63-1204
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 高齢介護課です
【主な業務内容】
介護保険、介護予防、介護相談、虐待防止
TEL 0794-63-1509
FAX 0794-64-2735
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 子育て支援課です
【主な業務内容】
保育所、アフタースクール、児童手当、児童扶養手当、児童相談
TEL 0794-63-1645
FAX 0794-63-1990
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 健康課です
【主な業務内容】
健康、予防接種、犬、ネコ
TEL 0794-63-3977
FAX 0794-63-1425
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 まちづくり課です
【主な業務内容】
宅地開発、都市計画、建築確認、市営住宅入居、公園管理、ガーデニング関連
西庁舎
都市整備係
TEL 0794-63-1884
景観整備担当
TEL 0794-63-2182
建築係
TEL 0794-63-1937
総務・住宅係
TEL 0794-63-1271
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 道路河川課です
【主な業務内容】
道路新設、道路改良、市道管理
西庁舎
TEL 0794-63-1008
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 産業創造課です
【主な業務内容】
農商工業振興、土地改良、森林整備、就業・起業支援
西庁舎
TEL 0794-63-1928
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 観光交流推進課です
【主な業務内容】
観光、コミレス、特産品開発、小野まつり
西庁舎
TEL 0794-63-1929
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
市民病院です
〒675-1332
兵庫県小野市中町323
TEL 0794-63-2020
FAX 0794-63-3330
外来受付時間:
7時30分から11時30分
休診日:
土曜、日曜、祝日、年末年始
こんにちは、会計課です
【主な業務内容】
公金取扱、業者支払
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-3825
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、水道部です
【主な業務内容】
使用料、給水、浄水
第3庁舎
TEL 0794-63-1012
FAX 0794-63-2500
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
消防本部です
消防庁舎
TEL 0794-63-0119
FAX 0794-63-7199
テレホンガイド
0794-63-7119
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
農業委員会です
【主な業務内容】
農地利用、農地相談
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
固定資産評価審査委員会です
【主な業務内容】
不服審査、決定
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
選挙管理委員会です
【主な業務内容】
選挙、選挙事務
TEL 0794-63-1007
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
監査委員です
【主な業務内容】
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-2500
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
公平委員会です
【主な業務内容】
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-2500
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
教育委員会です
教育総務課
TEL 0794-63-1015
ご意見・お問い合わせ
学校教育課
TEL 0794-63-2409
ご意見・お問い合わせ
いきいき社会創造課
TEL 0794-63-2445
ご意見・お問い合わせ
体育保健課
TEL 0794-63-2591
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 住むならおの推進グループです
【主な業務内容】
住むならおの推進本部に関すること、地方版総合戦略の策定
TEL 0794-63-1000(代表)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 シニア活躍推進課です
【主な業務内容】
高齢者活動等の推進
TEL 0794-63-2684
FAX 0794-64-2735
ご意見・お問い合わせ
防災情報 安全安心メール登録 救急情報 子育て情報小野市子育て情報

大部小学校区地域教育防災訓練

山崎断層帯を震源とする地震や、水害に備えて、地域の防災力向上のため、体験を主体とした訓練を実施しました。

大部小学校区地域教育防災訓練

とき平成24年11月18日(日曜日)
ところ小野市敷地町866 市立大部小学校

訓練目的

災害はいつ、何処で発生するかもしれません。
災害への備えには

  • 『自助:自分の安全は自分で守る』
  • 『共助:個人で守れない部分は地域で助け合う』
  • 『地域だけでは守れない場合は、消防、警察、自衛隊、行政による公助』
が必要です。

地域住民や防災機関等と学校が連携を図り、防災意識を高め、『命を守るための教育』を目的に、体験を通して防災の大切さを学び、安全、安心な地域を作るために防災訓練を実施しました。


参加団体、組織

  • 大部小学校区の自主防災組織、自治会
  • 大部小学校(児童、保護者、教職員等)
  • 陸上自衛隊 第8高射特科群
  • 兵庫県社警察署、兵庫県警察本部機動装備隊
  • 兵庫県災害時等警察活動協力隊
  • 市消防団北分団、女性分団
  • 小野交通安全協会大部支部
  • 小野防犯協会大部支部
  • セッツカートン(株)小野工場
  • NPO つみっ庫くらぶ
  • 市教育委員会、市消防本部、市水道部、市民安全部(災害対策本部等) 
約900人が参加しました。

避難訓練】

大部小学校防災訓練 大部小学校防災訓練

午前8時、消防団のサイレンが避難訓練の開始を告げ、地域住民などが、あらかじめ決められた一時避難場所に集まり、避難者名簿を作成し、交通委員、防犯委員の誘導を受け、大部小学校に避難をしました。
途中の交差点では警察官、災害時警察活動協力隊、安全安心パトロール員などの誘導がありました。
避難の際には、避難路に危険な箇所が無いか、安全を確認しながら避難しました。

地域避難訓練 地域避難訓練

午前9時、大部小学校では、山崎断層を震源とするマグニチュード7.3の大きな地震が発生したという想定により、先生の指導のもと、全児童が警察官、災害時警察活動協力員、安全安心パトロール員、防犯協会、交通安全協会等の誘導を受け、校庭に避難しました。

大部小学校防災訓練 児童避難訓練

避難に支障がある児童を担架や車椅子で搬送しました。

大部小学校防災訓練 児童避難訓練

校庭に避難した児童の無事を確認した後、校長先生から、今日は命を守る勉強をします。先生との約束を守り、避難ができましたか?など質問に、大きな声で『ハイ』と答え、訓練への意気込みが感じられました。

大部小学校防災訓練 児童避難訓練

救助訓練

地震により、校舎3階と屋上に負傷者が取り残されているという想定で、消防署救助隊とスノーケル車による救助訓練が実施されました。

救助訓練 救助訓練

救助が完了した後、学校周辺で発生した火災が拡大しているという想定で消防団北分団と女性分団による一斉放水を実施しました。

一斉放水 一斉放水

給水訓練

地震により水道が断水したと言う想定で、水道部の給水車が出動し、被災者に給水が行われました。また、飲料水として『おのみ~ず』900本が搬送されてきました。

給水訓練 給水訓練

児童引渡し訓練

地震発生を受け、学校に駆けつけた保護者に児童を引き渡す訓練です。
引渡し時間を短縮し、迅速に保護者に引き渡す工夫がされています。
通学班ごとに、低学年を優先して引き渡されました。

児童引渡し 児童引渡し

消火器による初期消火訓練

模擬消火器を使っての消火訓練です。

大声で『火事だー!』と周りの人に伝えながら、消火器のところまでかけて行き、消火器を持って、火の近くまで進み、安全ピンを抜き、ホースを火に向け、レバーを強く握り、下のほうから掃くように消火するという訓練です。

消火器消火訓練 消火器消火訓練

バケツリレーによる初期消火訓練

バケツに水を汲み、次から次にバケツをリレーをして、水を運びます。
ハイ、ハイと掛け声をかけながら、重いバケツを次々に手渡し、火のマークに水を掛けます。
うまく火のマークにかからず、足元にこぼれたり、なかなか難しいねと言う声が出ていました。

バケツリレー バケツリレー

警察通信訓練

兵庫県警察本部指令室と会場のパトロールカーとの間で通信訓練が行われました。
『やしろ2からひょうごほんぶ』、『ひょうごほんぶからやしろ2』
『兵庫県警察本部から訓練参加の皆様へ、災害に備えての10か条を・・・・』
訓練参加者へメッセージとして、災害の備え10か条が伝えられました。

通信訓練 通信訓練

放水体験

プールでは消防団員の指導で放水体験をしました。

力を入れて筒先を持っていないと水の勢いで振り回されることや、勢いよく飛び出す水にびっくりしたりして、楽しく放水を体験しました。

放水体験 放水体験

土のう作り体験

土をスコップですくい、土のう袋に入れ、重い土のうを運び、積み上げて行きます。
土のう作りは、消防団員と自衛隊員が指導しました。
前日の雨で湿った土は重いし、積み上げるのにたくさんの土のうが必要でした。
多くの人の力が必要なのがわかりました。

土のう作成 土のう作成

消火器体験

訓練用の水消火器を使って、消火器の取り扱い方を体験しました。
簡単そうにみえるけど、やってみるとちょっと難しかった。
消火器を持ち、火の近くまで運び、安全ピンを抜き、ホースをはずし、ホースの先を火の根元に向け、レバーを強く握れば、消火液が勢いよく出ます。
これで消火器使えるようになったという声がありました。

初期消火 初期消火

消防コーナー

救助工作車には、いろいろな道具が積まれています。
救急車の中にもいろいろな器具がありました。

スノーケル車はとても大きく、消防車には筒先やホースのほか、いろいろな道具が積み込まれていました。

消防体験 消防体験

警察コーナー

兵庫県警察本部警機動装備隊の車両と装備が展示されました。
積載されているいろいろな救助器具が並べられ、それぞれに説明を受けました。
簡易破壊器具によるコンクリートブロックの破壊も体験しました。

警察展示 警察展示

炊き出し訓練

集団用のアルファ化米セットを使い、非常食(五目ごはん)を使い、炊き出し訓練をしました。
一つの箱に50食分のアルファ化米、具材、はし、パック、輪ゴム、杓子など必要なものが入っています。
自衛隊の炊飯車で湯を沸かし、その湯を注いで約20分で出来上がります。
お湯を注ぐ前に具材をよく混ぜ、湯を線まで注ぎ、もう一度よくかき混ぜ、袋を縛り蒸らせます。インスタントラーメンの大きいようなものです。

炊き出し 炊き出し

炊き出しは、陸上自衛隊の協力と大部小学校PTA役員、大部地区の各自主防災会の方々で作りました。
作り方は、市民安全部のパトロール員が説明し、一緒に作業に当たりました。
また、炊き出しに使われた自衛隊の炊飯車も展示されました。

自衛隊展示 自衛隊展示

煙体験コーナー

短い距離、煙の中での避難ですが、煙たいし、向こうが見えないし、ちょっとパニックと言う感じの体験です。
本当の火災なら大変だということがわかりました。

煙体験 煙体験

避難所体験

避難所の壁際には、『避難者名簿』、『各地区の被害状況』、『お知らせ』、『安否情報』、『求めています』、『提供します』のパネルに、メモが貼り付けられています。
例えば『家の中のガレキの片づけを手伝ってください。』、『屋根のブルーシート張りを手伝ってください』などのメモがあります。
これらのメモについて説明がありました。

組立式簡易寝室(つみっく)体験

11月16日(金曜日)には大部小学校6年生が、組み立てを体験し、防災について学びました。
この組立式簡易寝室『つみっく 安心空間』は、東日本大震災の被災地で、女性のための更衣室や、下着の洗濯干し場などに活用されました。
東日本大震災で活用された写真や新聞記事も掲示されました。
この『つみっく』は、宝くじの助成を受け、小学生などの防災教育に活用することを目的に整備されたものですが、災害時には、多用途に活用できるようになっています。

避難所体験 避難所体験

避難所簡易区画体験

このダンボールの区画は台座にダンボールの板を差し込むだけで簡単に作れるようになっています。
また、ダンボールで作られたベッドは大人が10人乗っても大丈夫なもので、下の箱には衣類や食品などを収納することができます。
災害時には、全国のセッツカートン(株)の工場から提供を受けることができます。
ダンボール区画やベッドなどの提供について、セッツカートン(株)と小野市で協定が結ばれています。
協定は小野市をスタートに全国の市町村とも結ばれています。協定締結の写真や東日本などで使われた資料なども展示しました。

避難所体験 避難所体験

閉会式

閉会式では、小野市長から、大部小学校の児童に『災害から命を守る学習』がよくできました。
また地域の方々には、災害の備えは、想定外を設けず悲観的に備え、楽観的に対応する。
起こる前に備えておく先手管理が重要であり、地域のつながりが強い防災力になるという話がありました。

閉会式 閉会式

非常食と飲料水の配布

閉会式の後、炊き出し訓練で作った非常食と給水訓練で運び込まれた飲料水(おのみーず)を参加者全員に配られ、試食、試飲をしていただきました。

非常食 飲料水


※平成25年度は、中番小学校で中番小学校区の地域教育防災訓練を予定しております。

住むならやっぱり小野住むなら
やっぱり小野
小野市立図書館 小野市福祉総合支援センター 北播磨総合医療センター 小野市消防本部 うるおい交流館 エクラ 小野市議会
HOMEサイトマップ当サイト案内個人情報取扱お問い合わせページの上へ
兵庫県小野市 
〒675-1380 兵庫県小野市王子町806-1 
TEL 0794-63-1000 
FAX 0794-63-6600