本文へ移動
RSS
こんにちは、
秘書課です
【主な業務内容】
秘書
TEL 0794-63-1002
FAX 0794-63-6600
こんにちは、総合政策部 企画政策グループです
【主な業務内容】
総合計画、行政改革、広域行政
TEL 0794-63-1404
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 協働参画グループです
【主な業務内容】
協働推進、NPO
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 プロジェクト推進グループです
【主な業務内容】
地域開発、土地開発公社
TEL 0794-63-1404
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 交通政策グループです
【主な業務内容】
こんにちは、総務部 総務課です
【主な業務内容】
統計書、職員採用
TEL 0794-63-3615
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 新庁舎建設室です
【主な業務内容】
新庁舎の建設
TEL 0794-63-1000(代表)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 財政課です
【主な業務内容】
予算編成、地方債、入札、庁舎管理
TEL 0794-63-1014
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 市民サービス課です
【主な業務内容】
広報発行、SNSの推進、区長会、国際交流
TEL 0794-63-1013
FAX 0794-63-1047
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 情報政策課です
【主な業務内容】
情報化推進、システム管理、ネットワーク管理、LGWAN
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-0198
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総務部 税務課です
【主な業務内容】
税務管理、納税告知、税証明
TEL 0794-63-1009
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 防災グループです
【主な業務内容】
防災、安全安心メール
TEL 0794-63-3387
FAX 0794-63-1093
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 地域安全グループです
【主な業務内容】
防犯、交通安全、安全安心パトロール
TEL 0794-63-1273
FAX 0794-62-9040
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 生活環境グループです
【主な業務内容】
し尿、ゴミ、一般廃棄物
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-62-9040
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
いじめ・人権グループ
TEL 0794-63-4311
ご意見・お問い合わせ
男女共同参画推進グループ
TEL 0794-63-1017
ご意見・お問い合わせ
FAX 0794-63-3690
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
TEL 0794-63-4311
FAX 0794-63-3690
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民安全部 ヒューマンライフグループです
TEL 0794-63-4311
FAX 0794-63-3690
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 市民課です
TEL 0794-63-1005
FAX 0794-63-7674
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 社会福祉課です
【主な業務内容】
生活保護、民生委員、日赤、災害援護、障害者(児)自立支援
TEL 0794-63-1011
FAX 0794-63-1204
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 高齢介護課です
【主な業務内容】
介護保険、介護予防、介護相談、虐待防止
TEL 0794-63-1509
FAX 0794-64-2735
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 子育て支援課です
【主な業務内容】
保育所、アフタースクール、児童手当、児童扶養手当、児童相談
TEL 0794-63-1645
FAX 0794-63-1990
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 健康課です
【主な業務内容】
健康、予防接種、犬、ネコ
TEL 0794-63-3977
FAX 0794-63-1425
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 まちづくり課です
【主な業務内容】
宅地開発、都市計画、建築確認、市営住宅入居、公園管理、ガーデニング関連
西庁舎
都市整備係
TEL 0794-63-1884
景観整備担当
TEL 0794-63-2182
建築係
TEL 0794-63-1937
総務・住宅係
TEL 0794-63-1271
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 道路河川課です
【主な業務内容】
道路新設、道路改良、市道管理
西庁舎
TEL 0794-63-1008
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 産業創造課です
【主な業務内容】
農商工業振興、土地改良、森林整備、就業・起業支援
西庁舎
TEL 0794-63-1928
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、地域振興部 観光交流推進課です
【主な業務内容】
観光、コミレス、特産品開発、小野まつり
西庁舎
TEL 0794-63-1929
FAX 0794-63-2614
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
市民病院です
〒675-1332
兵庫県小野市中町323
TEL 0794-63-2020
FAX 0794-63-3330
外来受付時間:
7時30分から11時30分
休診日:
土曜、日曜、祝日、年末年始
こんにちは、会計課です
【主な業務内容】
公金取扱、業者支払
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-3825
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、水道部です
【主な業務内容】
使用料、給水、浄水
第3庁舎
TEL 0794-63-1012
FAX 0794-63-2500
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
消防本部です
消防庁舎
TEL 0794-63-0119
FAX 0794-63-7199
テレホンガイド
0794-63-7119
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
農業委員会です
【主な業務内容】
農地利用、農地相談
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
固定資産評価審査委員会です
【主な業務内容】
不服審査、決定
TEL 0794-63-1000
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
選挙管理委員会です
【主な業務内容】
選挙、選挙事務
TEL 0794-63-1007
FAX 0794-63-2615
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
監査委員です
【主な業務内容】
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-2500
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
公平委員会です
【主な業務内容】
TEL 0794-63-1000(代)
FAX 0794-63-2500
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、
教育委員会です
教育総務課
TEL 0794-63-1015
ご意見・お問い合わせ
学校教育課
TEL 0794-63-2409
ご意見・お問い合わせ
いきいき社会創造課
TEL 0794-63-2445
ご意見・お問い合わせ
体育保健課
TEL 0794-63-2591
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、総合政策部 住むならおの推進グループです
【主な業務内容】
住むならおの推進本部に関すること、地方版総合戦略の策定
TEL 0794-63-1000(代表)
FAX 0794-63-6600
ご意見・お問い合わせ
こんにちは、市民福祉部 シニア活躍推進課です
【主な業務内容】
高齢者活動等の推進
TEL 0794-63-2684
FAX 0794-64-2735
ご意見・お問い合わせ
防災情報 安全安心メール登録 救急情報 子育て情報小野市子育て情報

平成23年度

相談窓口からのひとことメッセージ(No.8)

不安対処法

 私達の日常生活に不安はつきものです。不安は、これからおこるかもしれない危険や危機を心が先取りして、準備態勢を整えようとする生体の防御反応です。この反応によって、事前に情報収集をしたり、いくつかの起こりうる事態を想定したりします。そして、実際におこったものごとを受け止め、適応し、より安定した人生を送ることができるのです。

   
 通常は、不安をあまり意識せずに処理しています。しかし、心と体のパワーが低下した時や、悩みの大きい生活環境が続くと不安に圧倒されそうに感じることもあります。
 不安で仕方ない時は、まず自分の思考や体をチェックしてみましょう。
「社会や他人を信じられない」「世の中危険だらけ」「悪いことばかりおこる」「自分を否定してしまう」「自信がもてない」「無力感」等ものごとを全て悲観的に感じていませんか。
このような時は、「悪いことも起こるけれど、そればかりではない。」「信頼できる人もいる。」「私は100%だめな存在ではない。」等を言葉に出したり、文字にして心のバランスを取り戻します。
 肩や目、頭はどうでしょう。こわばって固くなっていませんか。
不安が強い時は体も常に緊張しています。腹式呼吸をゆったりとおこなう、「リラーックス・リラーックス」と唱えて首や肩を回す、筋弛緩法(ギューとつむった目をぱっと開いて遠くを見る・、肩に力を入れて上げ、一気に下ろすなど)等によるリラクゼーションが体の緊張を解くとともに心の緊張を和らげます。

   
ひまわり写真 もし、心のバランスや体のリラクゼーションを試みても精神的な緊張が激しい時や、不安から心臓がドキドキする、冷や汗をかく、手足がぶるぶる震える、目の周りがぴくぴくするなどの症状が出たり、日常生活に支障がある場合は、早急に専門医に相談しましよう。
 まずは、ONOひまわりほっとラインに電話いただくこともできます。どうか、一人で悩まないでください。

                        ONOひまわりほっとライン 62-4110



相談窓口からのひとことメッセージ(No.7)

「ひまわりほっとライン通信」17号を発行

 子どもたちや保護者のみなさんに、ONOひまわりほっとライン(いじめ等相談)等の啓発を図ることを目的に、年間3回発行している「ひまわりほっとライン通信」。

 このたび、1年の締めくくりとして、「ひまわりほっとライン通信17号」を発行しました。

  

 今回は、“小野市からいじめ等をなくそう”というテーマで、いじめ等防止条例やケータイ(ネットいじめ)について載せています。

 また、裏面には、「人にはいろいろな気持ちがあり、どんな気持ちも大切なあなたの気持ちだよ。その気持ちを言葉にして、周りの人に話してみよう」というメッセージを載せています。    

 あなたの気持ちを、ちゃんと聞いて、わかってくれる人はいますか。もし、そんな人が見つからなかったら、ONOひまわりほっとラインへお電話ください。

  

 次号は、進学・進級後の6月頃に発行する予定です。お楽しみに!

通信17号(おもて) 通信17号(うら)

詳細については、こちらをご覧ください→通信17号・おもて(PDF:385.1KB) うら(PDF:342.8KB)



相談窓口からのひとことメッセージ(No.6)

いじめかな?と感じたら

 DVなどの家庭内でのいじめ(暴力)や、パワーハラスメントなど職場でのいじめでは、長い間に暴力がじわじわと繰り返され、エスカレートしていくことも少なくありません。
「なんだかイヤだけど、改めて問題にするのも躊躇される・・」状態から、だんだんひどい状況に追い込まれ、問題解決が必要になった段階で、時の経過とともに事実の記憶があいまいになっていることもあります。
あるいは、暴力を受けた時の記憶が薄れ被害を過小評価したり、被害の事実や状況を公的機関や第三者にしっかり伝えられず、解決が難しくなったり悔しい思いをすることもあります。
辛い思いをした時に、早く忘れようとするのは、自己防衛のひとつです。

   
 しかし、これって暴力?いじめかな?と感じた時は、今と将来の自分を守るために記録を取っておくことが大切です。
メールや手紙は保存しておきましょう。そして、起こった事実をメモします。メモは「○年○月○日○曜日○○時○○分頃、台所の流しの前で、△△が右手グーで私の左頬を二回殴った。直径○○㎝位のあざが○○日頃まで目立った。」など、出来る限り具体的に記しましょう。
暴言や言葉は、言われた日時や場所、同席者の有無とともに、文言そのままを記録します。

   
 記録の仕方やメモについての詳細は、下記のONOひまわりほっとラインまでお問い合わせください。

  

ONOひまわりほっとライン 62-4110 



相談窓口からのひとことメッセージ(No.5)

「ひまわりほっとライン通信」16号を発行

アイコン通信16号「ONOいじめ等防止ウィーク」(平成23年11月14日~20日)にあわせて、市内小・中学生に配付する「ひまわりほっとライン通信」16号を発行しました。

今回は、防止ウィーク啓発用に作成したクリアファイルに通信16号をはさみ、セットで子どもたちに配付しました。

うれしいことや楽しいことだけでなく、困ったことや悩みごとも、決してひとりで抱え込まずに、友だちやまわりの大人に話せる子どもたちであってほしいと願っています。

次号は2月頃に発行する予定です。お楽しみに!



相談窓口からのひとことメッセージ(No.4)

DVかな?っと感じたら

「ONOひまわりほっとライン」には、開口一番「こんなこと相談してもいいのでしょうか?」「自分のわがままかもしれませんが・・。」と始まる相談も少なくありません。
安心できるはずの夫婦関係や、大切な彼・彼女との関係が、なぜだか憂鬱だったり、相手といるとすごく緊張する、いつも相手の都合を考えて行動している、自分が自分でないような・・。そんな気持ちを、丁寧にお伺いしていくとDVの構図が見えてくることもあります。

殴る、蹴るなどの体への暴力だけがDVではありません。
パートナーを自分の思いのままに支配しようとするのが、DVの構造です。
言葉や態度による精神的な暴力や生活費を渡してくれない等の経済的なしめつけや監視など様々な「支配」を受けると、こころも体も縛られて、自分が自分でいる実感が失われていきます。

いつものことと思っている日常生活のちょっとした場面も、「力と支配」の視点で見直すといかがでしょうか。
DVかな?と感じられたら、どうか一人で悩まないで、信頼できる誰かにあなたの気持ちを話してみましょう。
身近で、大切な人とのことだから相談しにくい場合もあるかもしれません。
そんな時は「ONOひまわりほっとライン」に電話してください。
ご一緒に考えさせていただきます。
そして、いきいきとした暮らしを取り戻していきましょう。

参照:「ドメスティック・バイオレンス(DV)をなくすために」(PDF:3376.3KB) 
  ◆小野市市民安全部ヒューマンライフグループで無料配布中



相談窓口からのひとことメッセージ(No.3)

交際中のあなたへ

交際中の男女間におきる暴力を「デートDV」といいます。
デートDVは、10代・20代の若年層に被害が広がっていることが、最近の各方面の調査で明らかになりつつあります。
県内のDV被害者支援団体が行った女子高生1万人を対象とした調査でも、「交際相手をこわいと感じたことがあるか。」という問いに「ない」としたのは66%にとどまり、対等な関係になっていない交際も多いことがわかりました。
「支配される」関係や「暴力のある」関係を続けると、そのまま夫婦のDV(ドメスティック・バイオレンス)に移ったり、パートナーが変わっても、支配や暴力のある関係が再現される危険性も少なくありません。

意見の相違があった時、あなたと相手の間ではどのように解決していますか。
もしも、いつも相手の言い分だけが通ったり、一方的に命令や指示されるばかりだったりだとしたら・・。
二人の関係に愛は存在するのでしょうか。

風景「愛」は、相手を人間として尊重することであり、相手の自由を奪うことではありません。
恋人であっても、どんな理由をつけても支配や暴力は許されませんし、この世に暴力を受けても仕方のない人は存在しません。

「愛の証し」の名のもとに行われる支配や暴力にひとりで悩んでいたり、自分も悪かったからと我慢したりしていませんか。
もしも、あなたが交際相手をこわいと感じることがあるなら、ふたりの関係をもう一度見つめ直して、安心なステキな関係を考えてみませんか。

ひまわりほっとラインは、あなたのプライバシーを守り、ご一緒に考えさせていただきます。



相談窓口からのひとことメッセージ(No.2)

「ひまわりほっとライン通信」15号(小学生版)を発行

アイコン通信15号「ONOいじめ等防止ウィーク」(平成23年6月20日~26日)に合わせて、市内小学生を対象に配付する「ひまわりほっとライン通信」15号を発行しました。

今号は、「ONOいじめ等防止ウィーク」に関連した内容にしています。
防止ウィークのテーマが“もっと話そう いっぱい聴こう”であることから、家族や先生、友だちなど周りの人とのコミュニケーションの大切さを子どもたちに伝えています。

詳細はこちら→「ひまわりほっとライン通信」15号(PDF:155.1KB)

次号もまたONOいじめ等防止ウィーク(平成23年11月14日~20日)に合わせて、発行する予定です。お楽しみに!



相談窓口からのひとことメッセージ(No.1)

ジソンカンジョウ?自尊感情?

 耳慣れない言葉かもしれません。自尊感情とは素直にありのままの自分を認められること。自分を、生きる価値がある、かけがえのない存在として感じられる感情のことです。
 自尊とは、自分だけを特別扱いすることではありません。自分がかけがえのない存在として感じられるからこそ、自分以外の存在をも尊重できます。
 この気持ちは、私たちが生きていくには欠かせません。

 自尊感情は生育環境に大きく影響されると言われますが、大人になってもカラダとココロに栄養をあたえることで高めることはできます。
 カラダへは、バランス良く食べ、しっかり睡眠をとり、適度な運動をすること。
ココロの栄養は人から認めてもらうこと。しかし、人からなかなか認めてもらえない時は・・・。その時は「よく、やってるよ。」「大丈夫」と自分にやさしい言葉をかけてあげましょう。ありのままの自分をやさしく、認めてあげましょう。

みつば でも、暴力やいじめ、無視などを長い間受け続けると、無力・不安・不信の感情が高まって、せっかく育った自尊感情がやせ細り、自分自身にOKを出せなくなることもおこってきます。
これって暴力?虐待?いじめ?と感じたら、一人で悩まず相談してください。
あなたの大切な自尊感情を守り、問題解決にむけて共に考えます。

住むならやっぱり小野住むなら
やっぱり小野
小野市立図書館 小野市福祉総合支援センター 北播磨総合医療センター 小野市消防本部 うるおい交流館 エクラ 小野市議会
HOMEサイトマップ当サイト案内個人情報取扱お問い合わせページの上へ
兵庫県小野市 
〒675-1380 兵庫県小野市王子町806-1 
TEL 0794-63-1000 
FAX 0794-63-6600